自信あり!全成分が公開されているグランディムスキンカラー

 

男性のための化粧品メーカー、グランディムのファンデーション「スキンカラー」は、皮膚の下に存在するひげが透けて見える青ヒゲや目立つ毛穴に対してアプローチするものです。

 

女性用ファンデーションと同様、シワやくすみをカバーする役割も担っています。

 

 

 

そんなグランディムのスキンカラーに含まれている主な成分は、化粧品の定番である水とグリセリン、エタノールです。そして、同じくほとんどのファンデーションに含まれている酸化チタンは、顔料としての役割と共に、紫外線などの光ダメージに対処もします。

 

また、肌の炎症を抑える「グリルリチン酸2K」や、合成界面活性剤として毒性が極めて低く、天然由来の「水添レシチン」が使用されています。

 

 

 

グランディムのスキンカラーの強みのひとつとして、肌を健康的に保つためには欠かせないビタミンA・C誘導体を含み、肌に優しい配合であることが挙げられていますが、これはビタミンCを乳化状態にした「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」と、ビタミンAの「パルミチン酸レチノール」が働きます。

 

また、抗酸化作用を持つビタミンEが、「トコフェロール」という形で含まれています。

 

そのうえ、クレンジングが不要で石鹸洗顔のみで落とせるウォータータイプであるということも特徴的です。

 

多くの成分が乳化されていることが、これに影響を与えています。

 

 

 

グランディムのスキンカラーでは、使用されている成分が全て公開されています。

 

不要なものは入れていないという添加物等に対する自信の表れであると捉えられ、ラインナップも他の化粧品と比較しても目立っておかしいものは含まれていないため、安心して使用することができます。

 

 

グランディムのスキンカラーの効果はどう?