青髭に除毛クリームを使うのは危険!?効果はないの?

 

残念ながら、除毛クリームを青髭に使用したとしても効果を実感することはありません。

 

そもそも除毛クリームを顔に使うことは推奨されていませんので注意しましょう。

 

皮膚の薄いお顔に刺激性のある除毛クリームを使うことは、肌荒れトラブルにつながる可能性が高いためです。

 

除毛クリームの大半の商品が「お顔には使用しないで下さい」と記載されています。

 

そういったリスクはあるにも関わらず、除毛クリームでの青髭の対策は全く効果を見込めないのでやめておきましょう。

 

 

 

なぜ?除毛クリームでは青髭に効果がないのか?

 

なぜ、除毛クリームでは青髭効果がないのか?

 

を知るためにまず、青髭の状態を理解する必要があります。

 

 

 

「青髭を何とかしたい」という意識があるのですから、毎日シェーバーやカミソリでお髭のお手入れをされてるかと思います。

 

ですが、毛を剃っても青髭が目立気になりませんか?

 

つまり、皮膚の中に残っている毛が透けて見えてしまっているということになるんですね。

 

顔は皮膚が薄いため皮膚内に残っている毛も目立ちやすく、毛自体が太い人であればより色濃く見えてしまいます。

 

カミソリ等では剃り切れない皮膚内に存在している毛が透けて見える。それが青髭なんですね。

 

 

 

また毛は根元にいけばいくほど太く毛先になるにつれ細くなっています。

 

なので、剃るという行為は毛の太い断面を残してしまうことも青髭をより目立たせる原因になっています。

 

 

 

青髭をカミソリで処理しても除毛クリームで処理しても同じこと!?

 

ひげをカミソリで処理することと、除毛クリームを使うことって正直な話同じことなんですね。

 

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムという成分が配合されていて毛のタンパク質に働きかけ溶かす効果があります。

 

除毛クリームを使ったとしても、あくまでも皮膚表面の毛を溶かしているにすぎません。

 

毛根部分にまで除毛クリームが作用することはありません。

 

 

 

なので、結局はカミソリやシェーバーで処理したのと同じように残った毛が透けて見えてしまう結果になります。

 

それは皮膚表面の毛を剃っているのか、溶かしているのかだけの違いになるわけです。

 

除毛クリームを使ったとしても、青髭が改善されるというようなことはないんですね。

 

 

 

除毛クリームと脱毛は一緒ではない

 

よく脱毛サロンや医療クリニックに行って施術する髭脱毛と、除毛クリームって同じことではないの?

 

と考える男性は少なくありません。

 

女性に比べてムダ毛処理の知識がまだ不足しているケースも多いかとは思うのですが、それは根本的に違うことなんですね。

 

 

 

サロンやクリニックで施術される脱毛は、レーザーを照射するため皮膚内部に埋まっている毛根部分にまで作用します。

 

毛根部分にダメージを与えることで毛の成長を止めることができます。

 

なので、目に見えている毛だけではなく毛根部分にまで働きかけることができます。

 

 

 

しかし、除毛クリームはあくまでも皮膚表面に見えている毛だけに反応します。

 

毛根に働きかけることができないことは、脱毛と根本的な仕組みが異なることを理解できるのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

除毛クリームを使って青髭が改善されることはありません。

 

それどころか、顔には基本的に使用できるものではないと思っておきましょう。

 

除毛クリームに使われている成分は、皮膚のタンパク質にも少なからず影響を与えてしまいますので、リスクがあると考えるようにしましょう。

 

 

 

どうしても青髭を何とかしたい!と思うのであれば脱毛を検討する必要があるでしょう。

 

自己処理で青髭を改善することは難しいと思っておいて下さいね。

 

 

メンズ脱毛で青髭を脱毛