髭の処理方法を間違えると青髭になる!?

 

人間は体質によって体毛の濃さや薄さなどが違ってきます。

 

男性の髭も濃い人薄い人がいますが、男性の場合男性ホルモンの影響によって髭は生えてきます。

 

男性ホルモンの分泌が活発になる思春期頃から髭が生えてくることが多いですが、髭以外にも筋肉がつきやすくなる、肩幅ががっしりする、声変わりなどの変化を促します。

 

 

 

髭は男性ホルモンの分泌が多いほど濃くなります。

 

ただし、髭の処理の仕方を間違えてしまうと青髭になってしまうこともあります。

 

通常の髭との違いは、男性ホルモンの量が増加することで髭が太く濃くなっており、皮膚への刺激が問題だとされています。

 

男性ホルモンが増えることで髭は太く濃くなり目立つようになります。

 

増える原因としては肉類が中心の食生活や過度な筋肉トレーニング、過度な性行為などが挙げられます。

 

もちろんこれらは適度に行えば健康につながりますが、過剰に行ってしまうと男性ホルモンの過度な分泌につながり髭が濃く太くなってしまいます。

 

 

 

また、髭は毎日剃るものですが、髭を剃るときに使うカミソリやシェーバーなどは肌への刺激になります。

 

毎日肌が傷つけられている状態で、その刺激から肌を守ろうとすることで髭が太く濃くなります。

 

そんな太くなった髭が剃っても毛根に残っていることで、薄い皮膚に透けて青っぽく見えるのが青髭です。

 

 

 

このような青髭を解消するためには、根本的な原因である男性ホルモンの分泌を抑えることが大切となります。

 

増える原因は生活習慣の悪さが挙げられるため、規則正しい生活としっかりした睡眠、バランスの良い食事などを意識していきます。

 

髭もきちんと洗顔して、ホットタオルなどで髭を柔らかくしてからシェービング剤を使って剃っていくことなどで肌への刺激も減らせます。

 

 

除毛クリームで青髭はなくなる?